三日坊主でも大丈夫!大根の酵素でスッキリダイエット!

ダイエットを成功させる秘訣は、いかにストレスを溜めこまないかという点にありますが、実は、これが最も難しい部分で、ストレスによってダイエットをリタイアしてしまう方が後を絶ちません。
たとえば、ダイエットには空腹がつきものですし、食べられる食品の種類も限られますので、これがストレスにならないはずがありません。
それならば、自然の酵素の力を借りた生大根ダイエットではいかがでしょうか。

生大根でダイエットできる仕組みって?

生の大根には以下の消化酵素が含まれており、食品から摂取した成分分解効果を期待することができます。

  • アミラーゼ…デンプン質分解酵素
  • プロテアーゼ…タンパク質分解酵素
  • リパーゼ…脂肪分解酵素

とりわけ、アミラーゼが糖質の分解を促すことによって血糖値の急上昇を予防できますので、太りにくい体質作りに役立つと考えることができます。
ダイエット中であっても、糖質を完全に抜いてしまうと集中力を持続できなくなったり、身体に力が入らなくなったり、眠くなったりと、さまざまなトラブルが現れることがあります。
かといって、ダイエットをするからには多少なりとも糖質の摂取量を制限しなければなりません。
ここで生大根から食物酵素をとっておくことが、無理な糖質制限なしのダイエットの後押しとなります。

そしてもうひとつ、生大根にはダイエット後押し効果とともに、ある成分によるエイジング効果も期待することができます。
その成分とは、イソチオシアネートです。
この成分は、もともとダイコンに含まれているシニグリンとミロシナーゼというふたつの成分が体内で変化して生成されます。

では、イソチオシアネートにはどのような効果を期待できるのでしょうか。
実は、この成分には代謝機能の向上効果を期待でき、ダイエットにも役立つことがわかっています。
さらに、イソチオシアネートには血栓予防作用があるため、高血圧などの生活習慣病の予防にも役立ち、これがエイジングケアにもつながります。

生大根ダイエットのやり方

生大根ダイエットの方法はとても単純で、今すぐに行うことができますが、ひとつだけ注意していただきたいのは、必ず生のままで食べるということです。
というのは、大根に含まれているダイエットやエイジングケアに役立つ成分は熱に弱く、熱加工してしまうと成分そのものが壊れてしまうからです。
それでは、生大根ダイエットの具体的なやり方についてご紹介します。

生大根ダイエットのやり方

  • 300g(輪切りでおよそ6㎝程度)の大根を用意します。
  • 生大根を食前または食中に食べます。

たったこれだけの方法ですが、輪切りにした状態では食べにくいですので、すりおろし大根にするという方法がおすすめできます。
なお、その際には大根をよく水洗いして皮ごとすりおろすという方法がおすすめです。
というのは、大根の皮付近にはイソチオシアネートの元となるミロシナーゼが多く存在し、皮をむいてしまうとミロシナーゼをうまく体内に取り入れることができなくなる可能性が出てくるからです。

すりおろし大根であれば、ジャコやとろろ昆布を乗せるなどさまざまにアレンジすることができますし、ハンバーグに乗せれば、おろしハンバーグを楽しむことができますね。
このように、ご自身でいろいろとアレンジしてみて、さまざまなすりおろしダイコンを楽しんでみてはいかがでしょうか。

生大根ダイエットを成功させるために注意すべきこと

生大根ダイエットは、あれもこれも食べてはいけないというダイエットではありません。
つまり、食べられないストレスから解放されるダイエットだということですが、1日の許容量をはるかに超えるカロリーを摂取してしまったのでは、痩せるどころか逆に太ってしまうことも考えられます。
つまり、生大根だけを食べていれば確実に痩せるという魔法は信じず、カロリーオーバーに注意しながら食事を摂るという努力が必要だということです。

また、すべての食事を抜いて生大根だけを食べ続けるというダイエットも絶対にやってはいけません。
大根には食物酵素が含まれていますが、その他の栄養成分の含有量が少なく、大根しか食べないというダイエットを続けると必ず体調不良を起こします。
特に冷え症の方の場合では、生大根ばかりを食べていると内臓の冷えが悪化することがあり、痩せにくい身体になってしまうことがあります。

そしてもうひとつ、すりおろし大根をつくったら、その直後に完食するようにしましょう。
大根をすりおろす際には空気が入りますが、時間の経過とともに空気によって酸化が起り、ダイエットやエイジングケアに役立つ成分がどんどん失われていきます。
食前にすりおろし大根をつくるのは少々面倒かもしれませんが、大切な成分をきっちりと摂取するためにも、すりおろし大根は食べる直前につくり、つくり置きはしないように注意しましょう。

  • おすすめエステ体験ランキングを見る
  • 痩身エステ体験レポートを見る